水道トラブル解決のヒント集!ONLINE JP 水道部品アカデミー

「キッチン・バスの日」に学ぶ!水廻りリフォームの適切なタイミングとは?

「キッチン・バスの日」に学ぶ!水廻りリフォームの適切なタイミングとは?

こんにちは、オンラインJPの店長です。

最新のリフォームトレンドやメンテナンス情報は、

プロの職人たちの生の声から得られるものです。

この度、株式会社ゆうネットが発行するリフォームの

参考書『リフォームの青本・外壁塗装の赤本』の信頼できる情報をもとに、

私たちが独自の視点でさらに掘り下げてみました。

株式会社ゆうネットは「11月2日 キッチン・バスの日」に合わせて

全国の優良な工事店ネットワークから寄せられた

「水廻り」に関する貴重なアンケート結果を投稿されました。

これは、業界をリードする職人たちが実際に感じている現場の生の声を反映しており、

我々にとっても非常に興味深い内容となっています。

キッチン・バスの日の背景

・11月2日を「キッチン・バスの日」と定め、その記念日を由来にアンケートを実施

・水廻りの使用頻度とメンテナンスの重要性を強調

 

水廻りの点検・メンテナンス周期

プロフェッショナルの経験則によれば、

水廻りの機器は約11年~15年の周期でメンテナンスを行うことが望ましいとされています。

ガスコンロや換気扇、ウォシュレットなどの機器は、

この時期になると不具合が生じやすくなります。

これらは経年劣化が原因ですが、適時に部品の交換や取替えを行えば、

機能を回復させることが可能です。

特に水漏れについては、

定期的なチェックが必要です。

放置することで建物の構造に重大なダメージを与えかねません。

 

日常のお手入れと水漏れチェックの重要性

水廻りのメンテナンスにおいては、日常的な掃除が不可欠です。

排水管などは、特に汚れが溜まりやすく、

定期的な清掃を怠ると詰まりや悪臭の原因になります。

また、給水管の水漏れチェックも重要で、

早期発見によって大きなトラブルを未然に防ぐことができます。

 

浴室と洗面所の同時リフォームのススメ

職人たちの間では、浴室と洗面所のリフォームを同時に行うことで、

工事費用を節約できるという意見が多数を占めています。

同時施工は、配管や配禹の工事を効率化させ、将来的なメンテナンスの容易さをもたらします。

 

コロナ禍におけるリフォーム需要の変化

コロナ禍を経て、リフォーム依頼は微増傾向にあります。リフォームの主な理由は、「施設の老朽化」と「利便性向上」で、特に在宅時間の増加によって、使い勝手の良い水廻りへのニーズが高まっています。

 

まとめ

生活空間の中核を担う水廻りに問題があれば、

日常生活に支障をきたす可能性があります。

特に水漏れは建物へのダメージが大きく、適切なケアが不可欠です。

これらの洞察は、リフォームをお考えの方々にとって、

どのように計画を進め、いつ実施するべきかを考える際の一助となるはずです。

私たちのアンケートに基づいた分析を通じて、

より良いリフォーム計画の立案に役立てていただければ幸いです。