■ご注意 1. 対処時における事故・破損等につきまして、当SHOPは一切の責任を負いかねます。
  2. こちらのページは専門業者様専用ページですので、一般のお客様では交換できない部品等ございます。
修理業者様、もしくはKVK修理受付センターへご依頼いただく事をお願い申し上げます。
  3. 対処方法はあくまでもKVK商品を対象としたものでありますので、他社製品において該当しない場合があります。
  4. 本サイトでは全ての商品のメンテナンス情報を掲載しておりません。もしおわかりにならない場合はKVKもしくは、当SHOPまでお問い合せください。
  5. 本サイトの内容は予告無しに変更する場合がありますのでご了承ください。


 

■□■ 交換部品 カートリッジ一覧はこちら ■□■

 

シングルレバーカートリッジ取替え方法

 

※下記の画像付説明文は「製品品番:KM346」を使用した交換方法例です。
 他製品は銅管の形等、写真とは異なっております。ご了承ください。

 

 シングルレバーカートリッジ交換方法

交換手順(1からスタートよ♪)
1 工具を用意してください。
 ・モーターレンチ
 ・G26(台付1ツ穴シング
  ルレバーカートリッジ取り
  外し工具)

 ・ドライバー(プラス)
 ・ドライバー小(マイナス)
9 購入頂いたシングルレバーカートリッジの内容物です。
シングルレバーカートリッジ
・レバー固定ビス(必ず 新品を使用下さい)
・Oリング(今回の交換 では使用しません)
2 レバーハンドルを上げて吐水しますか?下げて吐水しますか?確認して下さい。
その後、止水栓を止めて下さい
10 カートリッジ下部のでっぱりを本体側のへこみにあわせて取り付けます。
3 湯水の表示キャップをドライバー小でひっかけて外します 11 カートリッジには前後向きがあります。
必ず、金属部分に印刷がある面を前にして取り付けて下さい。
4 レバーハンドル内のプラスねじをドライバー(プラス)を用いて取り外します 12 取り外した順序と逆に組み付けて
完成
5 本体背面の穴にG26
(台付1ツ穴シングルレバー
カートリッジ取り外し工具)
をはめ込みます(本体の共回りを防ぎます)
吐水パイプ根元から水漏れするときは・・・
6 本体上部六角部(二面のモノもあります)にモーターレンチを掛け時計と反対方向に捻ります。   カートリッジの取り外しが終了した状態より、吐水パイプをまっすぐ上に引っ張り上げます。
7 取り外し完了   本体側に取り付いている2ヶのパッキンを交換します。
ドライバー小(マイナス)などを、ご使用頂くと取り外しやすいです。
8 シングルレバーカートリッジは、4種類あります。
下げ吐水の場合は、
PZKM110N
上げ吐水の場合は、
カートリッジ下部の穴形状をご確認し、写真と照合下さい
  パッキンは種類がございます。
製品品番により異なりますので対応品番をご覧下さい。
Z213NPK
Z411PK

 

 

 

■□■ 交換部品 カートリッジ一覧はこちら ■□■